素敵な大人と出会えました

こんにちは、くすりのドリーム上杉です。

先日、円ブリオの活動をしている「ワン&オンリー宮崎いのちの会」で、講演会とセミナーを開催しました。この活動にもう10年以上関わらせていただき、昨年からは事務局長の役をさせていただいています。
宮崎県は、残念ながら人工中絶率が全国でもトップクラスの状態が長く続いています。年間に失われる赤ちゃんの数は、宮崎県内だけで年間1,400名を超えている状況です。
もちろん一概に人工中絶を否定しているのではありませんが、全国で人工妊娠中絶で失われる赤ちゃんの命が年間16万人を超えているのはどうなのかなぁ??? という単純な疑問から私は活動に関わるようになりました。

さてさて、今回の講演会とセミナーの講師は生命尊重センターの代表をされている宮田修さんでした。元、NHKのアナウンサーで、今では熊野神社の宮司もしながら、命の大切さを津当てる活動に参加されています。

2日間、カバン持ちをさせていただきながらいろんなお話を聞かせていただきました。
その中でも印象的だったのが、宮田さんの前向きな姿勢です。

NHK時代は10回も転勤があったそうですが、転勤願いを出されたことは1回しか無かったそうです。いろんな地方に転勤されたそうですが、転勤するたびに「さあこの地では、何が待っているかな? どんな美味しい物があるかな? どんな素敵な人が居るかな?」とワクワクが止まらなかったそうです。

NHKを定年退職され、田舎に引っ越されてからもワクワクが止まらず、地元の方から「神社の宮司の跡継ぎがいないからお願いできないか」と頼まれ、そこから学校で学んで宮司になられたそうで、その時その時の出会いを大切にされ、常に前向きに生きてこられた姿はとても輝いていました。

カバン持ちをさせていただいたおかげで、たくさんのエピソードも聞かせていただけ、本当に楽しい時間でした。こういう姿を子ども達にも見せて行けるようになりたいな と改めて感じた週末でした。

さらに素敵な出会いがまたまた翌日にあったのですが、それは次回のお楽しみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA